近畿財務局長(金仲)第230号 フィナンシャルマネジメントサービス株式会社は所属金融商品取引業者からの委託を受けて各種金融商品の販売・取次ぎを行う金融商品仲介業者です。

TEL. 06-6213-2234

〒542-0076 大阪市中央区難波2-3-11ナンバ八千代ビル6F

お取引について・FAQ ABOUT BUSINESS

logo111

業務委託契約を結ぶ所属金融商品取引業者一覧


 2011年4月13日より  logo2 関東財務局長(金商)第170号
加盟協会:日本証券業協会 
 2011年5月31日より   aizawarogo  関東財務局長(金商)第6号
加盟協会:日本証券業協会
(社)日本証券投資顧問業協会
 

よくあるご質問から(FAQ)

Q.仲介業者に支払う費用はどんなものがありますか?

A.お客様から弊社(仲介業者)にお支払いいただく費用は一切ございません。
  売買によるお取引代金は、所属金融商品取引業者(証券会社)とお客様の間で行っていただきます。
  お取引代金の入出金を含み、弊社とお客様との間でお金のやりとりは一切ありません。
  

Q.それでは、手数料が高いのですか?

A.いいえ、お客様がご負担する費用はこれまでと同じで証券会社にお支払いいただく手数料だけです。
  通常とまったく変わりません。

Q.では、仲介業者はどこから収益が入るのですか?

A.弊社(仲介業者)が行う仕事は、金融商品の説明やご提案・売買のお取次ぎです。いうなれば、
  証券会社の営業担当者が行っている部分です。弊社が所属金融商品取引業者(証券会社)と委託契約
  を結び、営業担当者の仕事を行いますので、その部分の対価を証券会社から受け取っています。
  お客様のご負担はございません。

Q.なぜ、証券会社の営業担当者の仕事が分離されたのですか?

A.日本では仲介業者の歴史がまだまだ浅いので、そのようにお感じになられると思います。
  金融先進国のアメリカでは、日本とは反対で仲介業者の営業従事者のほうが多いのです。
  既存の証券会社のデメリットを埋める部分に、仲介業者の存在意義があります。いくつかあり
  ますが、たとえば証券会社の営業員には転勤がありますが、仲介業者には無いということ。
  大切な資産運用の相談を行うパートナーが、ちょくちょくと代わることはいただけません。  

Q.証券会社が破綻した場合、預けている資産は大丈夫ですか?

A.証券会社自身の資産と証券会社がお客様からお預かりをしている資産とは、法律により分別保管が
  されています。万一証券会社が破綻した場合でもお客様からお預かりしている資産は安全です。
  とは申すものの、証券会社が破綻しては余分な手間がかかるのも事実。安心確実な証券会社とお取引
  したいものです。証券会社の財産の安心度合いを測る目安として「自己資本規制比率」というものが
  あり、決算時に公表されています。弊社の主契約先である「証券ジャパン」は、業界トップレベルの
  自己資本比率を誇っており安全でお勧めです。

Q.口座開設や株式売買の相談は、自分で証券会社に連絡をするのですか?

A.いいえ。口座の開設から各種書類の授受など、当社の営業員が行います。
  また、株式や債券・投資信託などの売買注文や訂正・取消しも当社の営業員が伺います。
  金融商品全般のご相談なども当社が行います。

Q.他の証券会社に預けている証券を預け代えすることはできますか?

A.はい。「特定口座内保管上場株式等移管連絡票」という書類により、預け代えすることができます。
  ご提出は預け代え前の証券会社に行いますが、記入に際しこの証券会社と預け代え後の証券会社の
  口座番号等の記入が必要となりますので、預け代え後の証券会社の口座開設を先に行っておく必要が
  あります。


このページの先頭へ

バナースペース

フィナンシャルマネジメントサービス株式会社

〒542-0076
大阪市中央区難波2-3-11
ナンバ八千代ビル6F

TEL 06-6213-2234
FAX 06-6213-2229

Statement.html